ホーム > スタッフブログ > 作業事例の紹介(ブログ) > ベンツ Vクラス W638 故障 修理 AT A/C エアコン 関東 埼玉 さいたま 上尾 伊奈 蓮田 久喜 白岡
スタッフブログ

ベンツ Vクラス W638 故障 修理 AT A/C エアコン 関東 埼玉 さいたま 上尾 伊奈 蓮田 久喜 白岡

タイトルが何のこっちゃ訳わからん!

 

ごめんなさい。CEOだかNPOだかの対策でございまして・・。

「ジャガー 天井」のアレです。アレ。

 

今回の事例はW638が車検で入庫しました。当店にてご購入頂き、その後も

車検をずっとご依頼頂いてます。今回で3回目です。

 

なんと新潟から!

 

しかも今回は不具合が多く、この梅雨の時期なのにエアコン効かない、窓が

全部開閉できない、サンルーフも開かない、ATがどうやら3速固定でパワー

が無い、足回りからガチャガチャギコギコ異音がしてる・・・。

 

当店のお客様とハートで繋がってます。心で。

 

・・・・・自走でのご来店!しかも下道!雨が降っててエアコン効かなくて

窓も開かなくてオートマがおかしくて足回りからギコギコ音がして!

これはどうにかしなくてはなりません。お客様はそこまでして当店まで

お越し頂いてます。期待に応えなくてはなりません。

 

まずは窓が開かない原因から調べます。すぐにヒューズが切れているのを

確認、なんとエアコンも窓もオートマも全て解決!

 

僕は悲しいです。ヒューズ1つでここまでお客様に苦労させてしまうとは。

 

何か原因があるはずだ。多分このままだと再度同じヒューズが切れて、

ご迷惑をお掛けしてしまうのではないか。

 

いろいろな動作を異なるシチュエーションで試したところ、運転席の

ドアを閉めた状態だと運転席のパワーウィンドゥのみ動かない。

ドアを開けると問題なく動作する。コレでしょ。

まずはドアの内張りを外し、スイッチからの配線を把握します。

 

P7072751.JPG

 

車内側にある配線を作業しやすいようにドア側まで移動させると出てきました。

 

P7072752.JPG

 

もうプッツンしてます。キレてないですよ。いやキレてます。

 

P7072753.JPG

 

長い間同じ角度で保持されていた為でしょうか。被覆はカチカチしてるし、

銅線は柔軟さも無くボキっと折れてしまいます。被覆に切れ目があったり

したので、保護します。もちろん断線していた配線は新たに繋ぎなおします。

 

こんな事が原因だなんて思いませんよね。エアコンやらオートマまでもが

影響されてしまうとは私でも想像できませんでした。

 

P7102764.JPG

 

次は足回りからの異音ですが、左側のドライブシャフトがダメでしたので

リビルドにて交換、右側のブーツ交換にて修理完了となりました。

 

P7102765.JPG

 

このブーツバンド、単体供給が無いため失敗するとブーツごと注文

するしかありませんが、独自ルートにて単体供給できる事が判明しました。

 

P6272546.JPG

 

その他、マフラーが折れてしまっていたので交換。なんだか結構大がかりな

車検となってしまいました・・・。

 

車検の見積りの相談ってよく受けますが、当店ではお車をお預かりし、

法定点検の内容に沿ってチェックするため、金額でお店を選ばれる

お客様からは敬遠されてしまっている気がします。もちろん、必要な

修理が少ないお車でしたら格安車検も可能です。

 

でもね。

 

少なくともこの先2年は安心してお乗り頂けるように、お客様がどういった

使い方をしているのか、この先何年ぐらいお乗りになるのかしっかりと相談

しながら整備内容を決めています。

 

カー用品店などでスタッドレスタイヤに交換する際、ホイールを外したら

ハブ周りにしっかりとグリスが塗布されていれば、それを見た作業者には

きっと理解してもらえると思います。

 

スペアタイヤの空気圧や発煙筒の使用期限なんて車検に「受かる」ためなら

必要ないかもしれませんが、そういった箇所にこそお店の色が出ると信じています。

 

 

っておい!俺のハンドルセンターがズレテるんですけど?

PAGE TOP