スタッフブログ

日産 バネット NV200 バン 5MT  5速マニュアル仕入れました! 検) 車中泊 キャンピング キャンプ ベッド イレクター

雨ですね。

せっかくの連休もどうやら5/3~5/5までが良い天気みたいでして。

 

あ、こんばんは。戸締役です。

 

今日はお店の戸締まり確認のためお店に来ました。

なんせ戸締役ですので。

 

少し時間があるので久しぶりに在庫車両のご紹介です。

カッコいいと思うのですがどうでしょうか。

 

この、無塗装の樹脂バンパーが似合う車って本当に少ない。

NV200以外だと、ホンダのエアウェイブがベースの商用車で、

確かパートナーだったかな?その2車が個人的に好きです。

どうせ多人数で乗ること無いし(私の場合)、思い切って自分の空間を

作ってみたりとか。

楽しむことを追求するならマニュアルですね!

永く乗るからには、細かな箇所もコダワリたいですね。

内装がキレイなバンって少ないんですよ・・。

どうせ喫煙するけども、買う時は禁煙者が嬉しいですね。

ホイールキャップ、なんか洒落てるんだけど1枚足りないみたいで。

でも良いデザインだし。うーん。

走行1.6万km!タコメーター?あー、要らないイラナイ。

 

デザインが良いんですよね・・ヤバい。欲しくなってきました。

新車で200万くらいかな?

だったら条件がマッチするならこれでも良いと思えるのですが。

みなさんどうでしょうか。

 

チャリンコ?

→余裕で積めます!前輪そのままで3台くらいは!

キャンプ?

→キャリアなしでもスイカも積めます!

車中泊?

→ホムセンでイレクターパイプでベッド作って好きにしてください!

釣りですか?

→マグロも積めます!(釣れるなら)

トランポ?

→モトコンポなら27台くらい積めます!

 

おっと。いつの間にか営業節が・・。

 

気になる方は下記からどうぞ。

 

goo-net

YouTube

 

2022年 GW休業のお知らせ

平素より・・・

 

ご無沙汰しております。戸締役です。

 

暑かったり肌寒かったりと気温の変動が著しい今日このごろ。

皆様におかれましてはコロナ対策含め体調管理にお気をつけください。

 

本題ですが、GW期間中の休業日についてご案内致します。

 

4/28㈭から5/5㈭までの間、お休みとさせて頂きます。

 

期間中はメールでのお問い合わせにつきましては内容を確認

させて頂き、急を要する内容につきましては返答させて頂こうと

思っておりますが、多少のレスポンス低下については何卒ご理解

頂ければと思います。

 

余談ですが最近YouTubeやらLINE公式やらといった媒体にも

進出しておりまして・・。

 

昭和時代にはチンプンカンプン鍋ヤカンでして 汗

外部の協力会社からご指導頂いているのですが、譲れない

コダワリってのもあったりして日進月歩、3歩進んで4歩

下がるような毎日です。

 

連休中にある程度カタチにしたいと思っておりますので、

今しばらくお待ち下さいませ。

 

連休中は交通環境が大きく変化します。

交通ルールもマナーも、いつもと違って場合によっては

ストレスを感じることもあるかもしれません。

 

卑下した言葉使いになってしましますが、そんな時は

「廻りは全車が初心者マーク」と思って暖かく寛容なお気持ちで、

深呼吸してやり過ごしましょう。

 

私が業務中に運転する際に心に留めている言葉は、

 

安全は何よりも優先す

 

たとえ過失がゼロでも交通事故は気分が低下します。

長くなってしまいましたが、何より安全にお過ごしくださいませ。

 

 

 

 

初心者にもわかりやすい!ブレーキパッドの交換時期やかかる費用・選び方を解説

ブレーキは車の安全を守るための、もっとも需要なパーツといっても過言ではないものです。なかでもブレーキパッドは消耗品であることから、定期的な交換がかかせません。

そこで今回は交換時期の目安や、交換にかかる費用、目的に合わせた選び方について詳しく説明します。

1.ブレーキパッドとは?

ブレーキはディスクブレーキとドラムブレーキの2種類にわけられ、多くの車がディスクブレーキを取り入れています。そのディスクブレーキを構成する部品のひとつがブレーキパッドです。タイヤとともに回転するディスクローターに、ブレーキパッドを押しつけることによって摩擦が発生し、車が停車するという仕組みです。

これらディスクブレーキは、主に軽自動車と1000ccまでが2輪のみ、それ以外はほとんど4輪ディスクです。日々摩擦によってすり減っていくブレーキパッドですが、交換をしなかった場合ブレーキの効きが悪くなり事故が起こってしまう可能性があります。

2.ブレーキパッドの交換時期

安全な走行を守るためにかかせないブレーキパットの交換ですが、いつ交換するのがよいのでしょうか。ここではその目安となる4つのポイントを解説していきます。

2-1. ブレーキパッドの厚みが5mm以下の場合

新品のブレーキパッドの厚みは、約10mmとされています。これらが5mm以下になってしまったときが、そろそろ交換を検討する合図です。3mm以下や2mm以下になってしまった場合は、ブレーキの効きに問題が生じる可能性が高くなるため一刻も早く交換する必要があるでしょう。

また、5mm以下でない場合にも交換をすすめられることがあります。次の車検まで期間があいてしまう場合や、日々の走行距離が長い場合には、交換を検討してもよいでしょう。

2-2. ブレーキ音に異常がみられる場合や警告灯が点灯している場合

多くの車には、ブレーキパッドの交換を知らせるための機能が用意されています。一般的に取り入れられているのが機械式のもので、ブレーキパッドが薄くなるとウェアインジケーターとよばれる部品がブレーキローターにあたり異音が出るようになっています。

ほかにも電子式のものの場合には、ブレーキパッドに埋めこまれた電線が切れることにより、警報が点灯するものもあります。ウェアインジゲーターがついていない場合は、あとから追加で取り付けることもできるので、検討してみるとよいでしょう。

これら以外にもブレーキをかけたときに「ジャリジャリ」という音や「ガラガラ」といった異音がする際は、なにかしらのトラブルが起きている可能性があるので早急に対処しましょう。

2-3. 走行距離が34Kmに達した場合

ブレーキパッドの消耗は、自動車の走行距離とも深く関わりあっています。一般的には3〜4万kmが交換の目安といわれているので、参考にしてみるとよいでしょう。またミッション車よりはオートマ車、軽自動車よりもミニバンなどの重量のある車の方が寿命も短くなります。

3.ブレーキパッドの交換にかかる費用とその選び方

ブレーキパッドの交換は、国によって定められた認証・指定工場で行う必要があります。事前にいくつか見積もりをとったり話を聞いたりするなどして、信頼できるところにお願いしましょう。

31. 費用

ブレーキパッドの交換費用は、大きくわけてブレーキパッド本体の価格と交換工賃のふたつから成り立っています。ブレーキパッド本体の価格は車の車種やブレーキパッドの性能によって異なりますが、輸入車の場合1セット10,000円~50,000円程度程度が相場となります。社外品を選ぶと比較的安く抑えられるので、一度相談してみるとよいでしょう。

一方で交換工賃の相場は、6,000円から10,000円程度となっています。タイヤ交換やほかの部品の取り替えとあわせて依頼することで、通常の金額より安くお願いできることもあります。ディーラーに依頼すると比較的費用がかさむことが多いため、予算が少ないという場合にはカー用品店や整備工場に依頼するのがおすすめです。

3-2. 選び方

一般道や高速での利用などを前提とした場合の走行には、ノンアスベストでできたブレーキパッドがおすすめです。長持ちしやすく、耐久性にも優れています。ホイール周りをきれいに保ちたいという場合には、低ダストタイプのものがおすすめです。

また、車好きの方でサーキットで走ることを目的としている方は、より速い走行時にブレーキがききやすいメタリック素材のものを選ぶとよいでしょう。車種や目的に応じて自分の車にあったブレーキパッドを選びましょう。

4.まとめ

今回は車の安全に大きく関わるブレーキパッドについてご紹介しました。交換の目安をこまめに確認したり、定期点検をしっかり行ったりすることが非常に大切です。

埼玉県蓮田市にあります「株式会社MEMBERS FACTORY」は、運輸局が認めた自社整備工場を完備しています。低価格・高品質をモットーにブレーキパッドの交換はもちろん、整備やカスタマイズなどを行っております。国産車はもちろんBMWやベンツなどの輸入車の整備も得意としておりますので、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ルノー ルーテシア ヘッドライトが消えない!!修理と車検 検) 埼玉 修理 整備 外車 輸入車 車検

風が吹けば季節の変わり目。春もすぐそこですね。

 

こんばんは。戸締役です。

 

今回はタイトルの通り、ルノー・ルーテシアの修理事例のご紹介です。

クリオ3と呼ぶのですかね。3代目ルーテシアです。

まずは車検を、ということでご入庫いただきました。

 

気になる箇所や予防を含めた整備のご希望などをお伺いすると、何とヘッドライトが

消えなくて、普段は毎回バッテリーを外してます!と。

 

まぁ常時点灯式ヘッドライトと考えれば差し障りありませんが、何でしょうか、

お客様のお車とのCOOLな向き合い方には恐れ入ります。

 

だって、普通ヤバい!壊れた!どうすれば!って慌てません?

 

それでは早速点検から入りますが、ライトは点灯している=回路は基本的に

導通している。点灯・消灯の判断ができていない又はスイッチ関係の不良です。

今回は電気の流れる方向と逆順で探っていきます。

ヒューズ・リレーBOXまで辿りつきました。なんか怪しい。

絶対に怪しい。

焦げてますね。他に原因がないか、もう少し探ります。

 

もしかしたら新品交換後に同じ症状が発生してしまうかもしれません。

他に懸念箇所がないかどうか、確認の上、部品の注文。なのですが・・。

 

 

 

 

なんと国内在庫なし!納期未定との回答!

 

 

コロナの影響で物流(特に海外)が滞っており、いつ修理できるか明確にお客様へお知らせできません。

が、気長に待ちますよー。と優しいお言葉。本当に感謝いたします。

納品を待ってる間に、車検整備を進めていきます。ブーツ類の状態、ガタの有無など

修理と車検で総額どのくらいになるのか、ご報告するために少し急ぎます。

赤いキャリパー。こーゆーの見てしまうとキレイにしたくなっちゃうんですよね・・

なんて思ってたらイキナリ部品が届いた!って・・。既に3ヶ月経過してました。

仕方のない事ではありますが、とにかくお待たせしているのですぐに車検を取得して

お渡しするべきですが、ヒューズBOXの交換後にもう一度、暗電流など調べて問題がないか

確認し、残っていた油脂類の交換をしていよいよ車検です。

 

余談ですが画像はブレーキオイルを「圧送して」交換している作業風景です。

これは圧力をかけ続けながらフルードを排出する方法で、ABS内部を含めブレーキラインに

エアが混入するのを防ぐ意味で行っている作業です。

 

もっと細かい話をすると、使用しているブレーキフルードはSL6という規格です。

DOT4じゃないのか?という声も聞こえて来ますが、話がそれるのでまた次回。

 

今はルーテシアのご納車に向けて急いでるので。

 

 だがしかし。ダガシカシ。

 

 

整備とは関係なくても、調子が良くなったりする訳ではないけども。

きっとお客様も気になっているかな?なんて考えたりして。

操る楽しさに溢れたMTのルーテシア。

これで毎回時計がズレてる問題も解決しました!

お待たせしてしまいましたが、ありがとうございます!

 

 

 

車のオイル漏れについてわかりやすく解説!原因や対策・費用は?

エンジンオイル漏れは、よく起こりうる車のトラブルのひとつでもあります。そのままにしておくと走行に危険が生じる可能性や、車検に通らない可能性もあり早めの対処が肝心となっています。

今回はエンジンオイル漏れの原因や対処法、故障した場合にかかる費用に関してご紹介していきましょう。

1.エンジンオイルついて知ろう

エンジンオイルは、車の心臓部ともいわれるエンジンを守る役割をしています。

具体的には機械の摩擦を減らすための潤滑作用・ガス抜けを防ぐための密封作用、熱を逃しオーバーヒートを防ぐための冷却作用・汚れを取りきれいに保つ洗浄分散作用、錆つきを抑える防錆作用などがあげられます。

サラサラのものから硬めのものまでさまざまな種類のエンジンオイルがあり、車種や走り方に応じてオイルを選ぶことが必要です。

2.オイル漏れの原因はこれ!

オイル漏れは大きくわけて外部漏れと、内部漏れの2種類があります。ここではそれぞれの症状と原因についてご紹介します。放置しておくと危険なだけでなく法律違反にもなりますので、こまめにチェックするようにしましょう。

2-1. 外部漏れ

車を駐車した際に、エンジンオイルがポタポタと漏れている状態を外部漏れと呼びます。オイルが発火しエンジンが焼きつくこともあり、非常に危険な状態です。

外部漏れの原因としては、ゴム部分の劣化にともないオイルが外部に漏れ出してしまうことがあげられます。これらの現象を「オイル下がり」と呼びますが、放置しているとエンジンの焼きつきにつながってしまう可能性もあります。

2-2. 内部漏れ

オイルがエンジン内部で漏れ、ガソリンと共に燃焼してしまう状態を内部漏れと呼びます。外にオイルが漏れ出てくる外部漏れとは違い、気づきにくいのが特徴です。

原因としては外部漏れと同じくオイル下がりによるものが考えられます。さらにシリンダーに傷がつくことから発生する「オイル上がり」という症状も、原因となる場合があるでしょう。

3.オイル漏れの対策

ここでは突然オイル漏れが起こってしまった際にできる応急処置をご紹介します。どの対策も一時的なものなので、早めに修理点検をお願いするようにしましょう。

3-1. オイルの継ぎ足しをする

漏れているオイルが少量で抑えられている場合は、オイルを継ぎ足すことが有効です。こうすることによって、オイル不足によって起こりうるさらなるエンジントラブルを防げます。車を水平な場所に駐車し、適切な量を継ぎ足しましょう。

3-2. 漏れ止め剤を利用する

カー用品店で購入できる添加剤を使用するのも、一般的な応急処置のひとつです。これらをエンジンオイルに混ぜて使用することで、シールの効果を回復させたりオイルの粘度をあげたりできるので、結果的にオイル漏れを抑える効果があります。

効果が現れるまでに一定の期間が必要なことと、質の悪い添加剤を使用するとエンジンが劣化してしまうことに気をつけて利用しましょう。

3-3. 粘度の高いオイルに交換する

粘度の高いオイルに交換することで、オイル漏れを抑える効果があります。とはいえエンジンオイルは、車の車種によってそれぞれ推奨される粘度がメーカーによって定められています。目的や走り方にも差が出ますので、事前によく専門家に相談したうえで交換するオイルを決めましょう。

4.オイル漏れの修理やオイル交換にかかる費用

オイル漏れの修理に関して、一番気になるのは費用でしょう。症状が軽いうちに修理に出すことで費用が抑えられるため、気になることがあればすぐに点検・修理を依頼することをおすすめします。

4-1. オイル漏れの修理

オイル漏れの修理費用に関しては、車種や症状によって大きく差が出ます。ボルトの緩みを締めるような簡単なものであれば数千円・オイルパンの交換には2〜3万円、エンジンの組みなおしが必要な場合は100万円ほどかかってしまう場合もあるのです。

修理工場に頼むよりもディーラーに依頼する方が高くつく傾向にあるため、複数の見積もりをとり比較することが大切です。

4-2. オイル交換

オイル交換にかかる費用は、2,000円〜30,000円が目安となっています。ディーラーはもちろん修理工場やガソリンスタンド、カー用品で交換が可能です。

5.まとめ

今回はオイル漏れの原因や対処法、修理に関する情報をお伝えしました。オイル漏れは見逃してしまうと走行不能になるだけでなく、火災を引き起こしてしまう可能性もあり大変危険です。異常を感じたら早めに修理に出すようにしましょう。

埼玉県蓮田市にあります「株式会社MEMBERS FACTORY」では、自社認定工場による整備を行っております。低価格高品質をモットーに車の状態や、お客様一人ひとりにあった対応をいたします。国産車だけでなく輸入車の整備も得意としておりますので、オイル漏れやオイル交換など気になることがあれば、ぜひともお気軽にご相談ください。

冬こそオープンカーの季節です。

最近よく登場しております。

 

寒いですね。戸締役です。

 

本日も在庫車両のご案内です。

そう、眠たそうな。

なんとなく、マセラティの血縁かと思える顔つき。

扱いやすいサイズの中で上手く実現したロングノーズ・ショートデッキのスタイリング。

ほとんど後輪の上に座るポジションなので、旋回時は独特のフィーリングです。

ボディのプレスラインに隠れるZの文字。

幌はリアガラスになり後方視界も良好です。

走行3.3万km セカンドカーだったかと思われます。

ヒーター付きの黒革シートも状態は良好です。

 

如何でしたか?幌を開けて寒さと花粉を吹き飛ばしましょう。

 

詳細は下記よりご確認ください。

goo-net

YouTube

急に人気が再燃した1台です。

こんばんは。戸締役です。

 

今日も在庫車両のご紹介です。

最近の旧車ブームすごい勢いですよね。

 

けど既に高値で、今から昭和のクルマに大金出すなんて。

色々と心配だし・・

ですよね。(画像のW126は売約済みです。たくさんのお問い合わせありがとうございました)

 

そこで注目されているのが、旧車の1歩手前のネオクラシック系

が注目されてます。

 

例えばニュービートルとかBMWの初代MINIなど。

 

そこで今日はコチラのご案内です。

8Nと呼ばれるTTロードスターです。

当時よりクラシックテイストが人気でした。

この、ちょっと眠そうな顔つき。

Sラインなのでプリっとした小粋なリア周り。

野球のグローブの縫込みのようなインパルスレザーシート。憧れましたね。

オーディオパネルをフラップで隠してしまう大胆さ。

AUDIはアルミの素材感を上手に演出するのが得意ですね。

スタイルこそクラシックだけど、機能などは現代(当時)のもの。

実は冬こそオープンカーの時期です。

 

詳細は下記よりご参照ください。

goo-net  

YouTube 

クーペモデルも入庫しました!※売約御礼

同じくSラインPKGです!

コンビシートはヒーター付きです。

クーペモデルの詳細は ※売約御礼

goo-net 

YouTube 

 

 

これぞニッポンの車創り。な1台のご紹介です。

あーあーあーあー。

マイクチェックマイクチェック。聞こえますかー。

 

こんばんは。戸締役です。

 

今日は珍しく在庫車両のご紹介です。

ご存知センチュリーです。数年前に当店でご購入頂いたお客様より

買い戻しました。

パネル面や塗装にムラや歪みが無いかなるべくわかりやすく撮影してますが、

上手く撮影できていますかね。

エアコンのルーバーがそれぞれ異なる角度を向いていたり、ハンドルの平行が出て

いなかったりすると悪い印象になりませんか?

 

明るさやホワイトバランスなど結構気を使います!

ん?センチュリーの紹介のはずが・・。

あ、人気のLEDテールモデルになります、はい。

こうやってシャッターを映す事で湾曲がないか、表現してます。

じゃなくて。そう、真っ直ぐ平らなルーフです。

 

白飛びしないように明るさを絞って、見やすく撮影してますし、

もちろんタイヤもバリ溝です。

 

このテの車って、前オーナーのヒトとナリって気になりません?

その辺り、ご心配なく。

何と言いますか、白いグローブでお乗りになる感じでした。

 

もし気になりましたら下記よりご参照ください。

goo-net

YouTube 

 

 

 

 

車からの異音の原因は?エンジンなどからの異音への対処法を解説

車からの異音がすると、「故障かな?」と思う方も多いでしょう。異音は車からのSOSの可能性もあり、放置しておくのは危険です。まず自分でも、異音の種類と発生源になっている箇所を調べてみるのがおすすめです。

もし自分では発生源がわからない場合は、整備工場などに問い合わせして、プロの判断を仰ぎましょう。今回は車からの異音の原因や、対処法などについて詳しく解説します。

1.車からの異音の原因はどこから?

車からの異音は、エンジンや足回りなど、さまざまな発生源があります。異音の種類からある程度は原因を探れるので、もし音が気になった場合はわかる範囲で原因を探ることも大切です。

異音は車からの「SOS」かもしれないので、そのまま放置するのは避けましょう。

1-1. 「キュルキュル」という異音の原因

「キュルキュル」などの擦れたような異音がしたら、ベルトが劣化している可能性があります。車によっては「ウィーン」という音にも聞こえます。異音が気になるようなら、タイミングベルトやファンベルトの異常を疑いましょう。

1-2. 「カタカタ」という異音の原因

「カタカタ」や「カラカラ」という音がする場合、発生源の素材が金属製か樹脂製かによって音の高低に違いが出ます。もしカタカタなどの異音が発生したときは、ベルトを引っかけている「プーリー」や補器類などの故障を疑ってみましょう。

1-3. 「ゴロゴロ」という異音の原因

「ゴロゴロ」という音は、ぐっとアクセルを踏みこんだときに出る異音のひとつです。ときに「ガラガラ」という独特の音が聞こえます。このケースでは、たいていの場合エンジンオイルの不足が原因になっています。「ゴロゴロ」と重低音が響くようなら、一度エンジンオイルの量をチェックする必要があるでしょう。

1-4. 「キンキン・カンカン」という異音の原因

「キンキン」や「カンカン」など、金管楽器を叩いているような高音質の異音がしたら、オーバーヒートが進んでいる状態です。

主な原因は冷却水の不足にあります。オーバーヒートの初期段階では「カリカリ」という異音がします。「キンキン」や「カンカン」にならないうちに早めに対処しましょう。

2.車の異音の発生源を推理

車から異音がするということは、何かしらの故障の可能性もあります。音の種類からどこの部位に不具合が出ているのか、おおまかに推理が可能です。とくに車の足回りの不具合は、未然に防ぐのは大変です。

逆に足回りの方は早期発見が可能なので、まずは異音の発生源を探りましょう。

2-1. エンジンオイルが発生源のケースも

エンジンオイルに異音の発生源がある場合は「ゴロゴロ」と重低音が響きます。エンジンオイルが足りなくなると、金属部分が摩擦で溶け出して異音がします。異音を放置しておくと、エンジンが破損する危険性もあるので、早めに対策を取りましょう。

2-2. 足回りが発生源となることも

足回りに異音の発生源があるときは、「ゴトゴト」「キー」などの音が出ることもあります。とくに「ゴトゴト」と異音が出る場合は、ダンパーやサスペンションに不具合、もしくは故障があるサインかもしれません。

また中古車にも多いブレーキを踏んだときの「キー」という異音は、ブレーキパッドの消耗が発生源の可能性があります。部品の摩耗を放っておくと事故にもつながりかねませんので、こちらも早めに対処しましょう。

2-3. オルタネーターが発生源の可能性も

アクセルをぐっと踏んだときに「ウィーン」という異音がしたら、オルタネーターに不具合があるかもしれません。オルタネーターは発電機のひとつですが、エンジンに電力供給を行う大切な部位です。バッテリーが上がる原因にもなるので、すぐに整備工場に持ち込みましょう。

2-4. ミッション系が発生源

「ギャーギャー」とアクセルを踏んだときに異音がしたら、ミッション系の故障を疑いましょう。ミッションは変速機のギア部分です。ギアの切り替えができなくなれば、冬道や峠道を安心して走行できなくなるので、早めに対処してください。

2-5. 排ガスの漏れが発生源のケース

「バラバラ」とこもったような独特の異音が発声したら、発生源は排ガス漏れの可能性があります。エンジンの回転数が上がったときに起こりやすく、マフラーが腐食している、あるいは破損しているかもしれません。排ガス漏れも放置は危険ですので、早めに整備工場やディーラーに持ち込みましょう。

3.車から異音が出た場合の自己判断は危険?

車に何らかの不具合があった場合に、異音は発生します。そのまま放置しても直るどころか悪化する可能性が大きいでしょう。もし異音が発生した場合は自分で対策を取るのではなく、整備工場などに持ち込みをしてください。

3-1. 整備工場に持ち込むのがおすすめ

異音は故障を知らせるサインですが、異音が出た時点ですでに手遅れの可能性もあります。自動車が動かなくなるのはもちろん、事故につながるケースもあり放置は危険を伴います。

とくにアクセルをぐっと踏んだときに異音が出るようなら、エンジンなどの故障が疑われます。自分で修理できる方は少数派だと思うので、少しでも異音を感じたら、早めに整備工場やディーラーに持ち込みましょう。

プロにチェックしてもらう前に「○○との異音がする」など具体的に伝えれば、修理も迅速に行われます。素人判断で放置するのが一番危険です。

4.すぐに工場に持ち込めない外出先では?

異音に早めに気づいても、遠くに外出しているときなどはすぐに整備工場などに持ち込めない可能性もあります。車が移動できる状態であれば、まず音の種類やどこが発生源になっているかを、自分でもチェックしましょう。

エンジンをかけたとき、もしくは走行中に発生している異音なのかなどをチェックすることが大切です。どうしても発生源がわからないときには、電話で整備工場に問い合わせしてみましょう。もし可能なら、異音を直接聞いてもらえば、外出先でもしっかりと対処ができます。

5.まとめ

車の異音の原因と発生源や対処法など、疑問が少しでも解消されれば幸いです。異音は車が知らせてくれるサインかもしれません。見逃してしまうと、重大な事故につながる可能性もあり放置は危険です。まずはどんな異音が発生しているのかを確認し、自分でも発生源を探ってください。

 

もし異音に気づいても自分では対処できないと感じたときには、ぜひ一度「株式会社MEMBERS FACTORY」にご相談ください。外出時であっても、電話やメールでの対応もしておりますので、ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。

車の冷却水の役割とは?クーラント液の補充や交換の仕方などを解説

車の冷却水の役割で最も重要なのが、オーバーヒートを防ぐことです。また冷却水が漏れてしまうことで、オーバーヒートが起こる可能性もあります。愛車を守るためにも、冷却水は適切なタイミングで補充または交換しましょう。今回は、冷却水の補充や交換方法について詳しく解説します。

1.冷却水(クーラント液)はなぜ必要か?

車の冷却水は、エンジンがオーバーヒートしないためにも必要で、「クーラント液」ともよばれます。冷却水に求められるのは「冬場に凍らない」や「エンジン内のサビや腐食を防ぐ」といった役割です。

エンジンは長時間使い続けると、内部の摩擦や燃焼で高熱が発生します。放置するとオーバーヒートの危険があるため、冷却水が必要となります。

1-1. 冷却水を選ぶ

冷却水は冬でも凍らず、青やピンクの色がついているのが特徴です。新型車には青とピンクの2種類が使われることが多く、「スーパーLLC」という名前がついています。「スーパーLLC」は寿命が長いため、大変重宝されています。ただ、どの冷却水を選んでもメンテナンスは必要です。

1-2. 冷却水には色がついている?

冷却水には、赤や緑、青、ピンクの4種類の色がついています。なぜ色がついているかというと、エアコンから排出された水と区別できるからです。冷却水は経年劣化し、ホースに亀裂が生じるなどして液が漏れだすこともあります。そのため、タンク内の冷却水の量が確認しやすいように色がつけられています。

2.車の冷却水補充の4ステップ

冷却水を交換するときは、車の下に潜り込み、ラジエーターから液を抜きます。危険が伴う作業でもあり、ラジエーターから出る分だけでは足りない場合もあります。自分で行うためには知識や経験が相当必要になってくるため、基本的にはディーラーか整備工場などに依頼することがおすすめです。

2-1. エンジンの温度を確認する

エンジンが完全に冷えていない状態で作業すると、冷却水や蒸気が高温になっているのでとても危険です。車の下というだけでも危険な作業なので、火傷を防ぐ意味でも、エンジンの温度が冷えていることを確認することから作業が始まります。

2-2. タンクの外側からも確認

冷却水の量を確認するには、リザーバータンクに記載されている目盛りを確認します。タンクによって「MAX / MIN」もしくは「FULL / LOW」と書かれています。両端の間に冷却水があれば、正常な数値ですので補充の必要はありません。冷却水には色がついているので、タンク外側からでも簡単に確認できます。

2-3. じょうごを使って冷却補充

冷却水はじょうごなどを使うとこぼれる危険性も減り、スムーズに補充できます。もし希釈して使うタイプなら、容器を別に用意し、薄めた液を中に補充します。ボトルから直接注ぐと計るのが難しくなるので、別の容器を使う方が確実です。

2-4. 空気混入を防ぐ

車の種類にもよりますが、冷却水の補充の後に、液内の空気を抜く作業が必要になることもあります。まずラジエーターのキャップを外し、エンジンをかければ、冷却水から空気が抜けます。

もし空気が混入したままで放置すると、エンジンにダメージが出る可能性もあるので、忘れずに行うことが重要です。エア抜きが必要かどうかは、冷却水の泡が出ているかどうかで確認できます。

3.車の冷却水の交換の4ステップ

冷却水の交換の頻度は、補充と比べて少なめです。ただ冷却水が濁るなど汚れている場合は、交換しておいた方が安全でしょう。冷却水の交換はセルフでもできますが、やはりしっかりとした知識や経験が必要になってくるためディーラーや整備工場に任せた方が安心です。

3-1. エンジンが完全に冷えているか確認

冷却水の交換時は、まずエンジンがしっかりと冷めているかを確認します。上記でも紹介したように、熱い蒸気などで火傷の恐れがあるからです。交換するときには、必ずエンジンの温度を確認してから作業に移ります。

3-2. 水の取り出し時にはコックに注意

冷却水の交換では、タンクからすべて抜く必要があります。ラジエーター下部にあるコックをゆるめて冷却水を取り出します。冷却水が抜けたのが確認できたら、また忘れずにコックを閉めます。

3-3. 真水で洗浄が必要

冷却水が抜けた後、新しい液を入れるのは汚れを取ってからです。汚れをとるためには、真水を使って経路内の洗浄を行います。洗い方は、真水をタンクの80%以上まで入れてからエンジンをかけます。

エンジンの洗浄にかける時間は3~5分程度です。洗浄が終わったら、タンク内の水はすべて交換するようにします。

3-4. 新しい冷却水の挿入

タンク内がきれいになったら、新しい液を目盛りの基準値まで注ぎます。冷却水の漏れの有無はもちろん、水の量なども確認し、キャップを閉めれば終了となります。また空気を抜いておかないとエンジンが傷みますので、こちらも忘れずに行う必要があるでしょう。

4.冷却水漏れに気づいたら?

冷却水が漏れたと思ったときには、すぐに車を停止させてください。もし運転中に漏れを発見した場合は、安全な場所まで移動させてからエンジンを切ります。ただ、冷却水の量を確認するのはエンジンが完全に冷えてからです。

エンジンが切れてからすぐに確認すると、火傷の危険性があります。エンジンを一時停止させ、エンジンが冷えてから、改めて水の量をチェックしてください。

冷却水が漏れていないかも確認し、水温の異常や匂いがおかしいときは整備工場で修理してもらいましょう。くれぐれも液漏れのままで運転を続けないようにしてください。

5.まとめ

冷却水が必要な理由や役割、種類、補充方法、交換方法などを紹介してみました。車の冷却水は適度な交換や補充が必須ですが、危険が伴う作業でもあります。車の下に潜る作業に不安を感じた場合や自分でできないと感じたら、すぐにディーラーや整備工場でチェックしてもらいましょう。

もし車の冷却水の補充などを依頼したい場合は、ぜひ一度「株式会社MEMBERS FACTORY」にご来店ください。輸入車の整備に実績がある当社で、冷却水の交換や補充などお手伝いします。ご用命の際はお気軽にお問い合わせください。